July 31, 2017

石川晴菜選手のショートインタビューです。彼女は昨シーズン、22歳でワールドカップにデビュー。セルデンのGS開幕戦、センメリングでの第4戦、第5戦とGS3レースに出場しました。いずれも2本目に進むことができず、世界の壁の厚さを痛感する結果となりましたが、得ることの多いシーズンだったと振り返ります。現在のFISポイントランキングはGSで61位、スラローム101位。2006年のトリノ五輪以来、2大会連続で誰もオリンピックに出場していない日本女子チームですが、石川選手は、そんな日本復活の鍵を握る選手のひとりといえるでしょう。

July 28, 2017

若月隼汰(近畿大学)選手のショートインタビューです。
若月選手は、今後の活躍が期待される1998−1999年生まれ組の一角。今年から大学生となりました。
小柄ながらファイトあふれる滑りが特徴で、ジュニア世界選手権(オーレ/スウェーデン)のスラロームではU18のカテゴリーで2位に入賞しました。
ただ、本人も言うように全体での順位は27位とまだまだ。
3月に肩を負傷し、シーズン終盤はレースを欠場しましたが、次の冬に向けて新なスタートを切っています。

July 23, 2017

中学卒業後、単身オーストリアに渡り、現在はシュラドミングのスキー・アカデミーに留学中の加藤聖五選手のインタビューです。

July 21, 2017

去る7月15日、2017/18シーズンのアルペン・ナショナルチームの陣容がようやく発表になりました。実質的にはすでに新生ナショナルチームとしてスタートは切られていましたが、この日行なわれたSAJ理事会の承認をもって正式に決定されたわけです。


新しい強化指定選手は全部で16名(男子9名女子7名)。昨シーズンは22名が強化指定選手でしたが、今回さらに縮小されました。他の競技、ノルディックやフリースタイル、スノーボードと比べると、もっとも少ない人数。現在のアルペンチームの置かれた状況を象徴するような厳しいチーム編成となりました。

この表では...

July 11, 2017

毎月10日は、月刊スキージャーナルと月刊スキーグラフィックの発売日。どちらも特集はコブ斜面の攻略法。偶然なんでしょうが、面白いですね、

どちらかというと基礎スキーの記事が多い両誌ですが、今月号は、レース関連の内容が充実しています。スキーグラフィックには、湯浅直樹選手と滝下靖之コーチのインタビューが掲載されています。とくに滝下コーチへのインタビューは注目。なかなか興味深い内容です。
 

私が担当したのはワールドカップ取材にまつわる1Pコラム「On The Road」の第6回で、ヨーロッパの運転事情、特に車線に対する彼我の意識の違いに関して...

July 1, 2017

この春から大学生となった小山陽平選手(双葉高校→日本体育大学)。マテリアルを変えるという情報がありましたが、HEADに決定。HEAD Japan より正式な発表がありましたのでお知らせします。

以下はHEAD Japanからのリリースです。

    HEAD Japan、 アルペンスキー小山陽平選手と用具使用契約を締結

 

HEAD Japan(本社:東京都、代表取締役:関口千人)は、2017年7月1日より、スキーアルペン競技の小山 陽平(こやま ようへい)選手とスキー、ビンディング、ブーツの使用契約を締結いたしました。現在19歳...

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

August 12, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索