January 1, 2020

第98全日本スキー選手権のアルペン競技は、予想を上回る盛り上がりで終了しました。
3年前から始まった年末の全日本選手権、その改革を強力に推し進めてきた全日本スキー連盟(SAJ)の皆川賢太郎競技本部長は、フェイスブックで次のように総括しています。

まず、現在の全日本選手権がどのような位置づけの試合なのかを理解するためにも、一読ください。

以下引用

12月開催に変え3回目となる『一発選考レース』
一番求めたのは『平等性』、わかりやすい権利付与や滑走順へのハンディをなくす事でした。

初年度は12月開催に対する抵抗感やW杯仕様の氷のコースに苦情だら...

May 17, 2019

5月15日、全日本スキー連盟から2019/20シーズンに向けたナショナルチームの新体制が発表されました。ディビジョン2に属するアルペンチームは11名のコーチングスタッフと14名の強化指定選手で構成されます。


まずコーチングスタッフについて見てみると、昨シーズンとはガラッと入れ替わりました。男子チームの安食真治、長田新太郎、女子チームのゲオルグ・ヘルリゲル、三増健一の各コーチが退任し、かわりにスロヴェニア人のドゥシャン・ブラジッチ、マテヤシュ・マルシッチのふたりが、それぞれ男女のチーフコーチに就任しました。かなり大胆な刷新だという印象...

February 6, 2018

Q 2017/18シーズンは4年に1度のオリンピック・シーズン。どのようなことを考えてこの冬の開幕を迎えましたか?

石川 去年初めてワールドカップに出たんですけど、ゴールはしたものの結果はまったく不本意で、世界はこんなに厳しいんだということを痛感しました。ですから今年は出るからには最初から30位以内を目指そうと、セルデンのGS開幕戦に出場しました。でも、去年同様に2本目に残ることができなかった。数字の上では大きな進歩はなかったわけです。率直に言って危機感を持たざるを得ませんでした。

Q レーサーの成長というのは、新しい壁に挑んで...

December 26, 2017



 第96回全日本スキー選手権大会アルペン競技会が、今日から始まりました。懸念された爆弾低気圧の影響も、ここ国設阿寒湖畔スキー場にはほぼ関係なく、国内大会としては最高レベルのコースでスリリングなレースが展開されました。
 

 ナショナルチームのコーチが中心となリ、各地域のコーチも総出で作り上げた大会コースは、前日の雨&湿雪にも関わらず、素晴らしいコンディションを保ち、加えてこの日の冷え込みもあって硬く氷結。最後までほとんど荒れることのないフェアなレースとなりました。
ここで優勝した選手が平昌五輪の代表選手候補に推薦される(現時点での...

November 4, 2017

 10月29日に行なわれるはずだった男子のGS第1戦は、残念ながら悪天候のため中止となりましたが、翌30日(月)は、完璧な晴天。ところが勢い込んで朝早くから山に上ったものの、いつまでたってもゴンドラが動きません。強風が雲をどこかに吹き飛ばしてくれたのはいいのですが、調子に乗ったのか、その風がいつまでもやまないのです。11時近くになってようやく運行開始。この日はフィッシャー、アトミックのそれぞれのデモチームのスキーテストを撮影させてもらいました。日が落ちるまでのわずかな時間で、ふたつのチームをそれぞれ違うシチュエーションで撮らねばなら...

July 31, 2017

石川晴菜選手のショートインタビューです。彼女は昨シーズン、22歳でワールドカップにデビュー。セルデンのGS開幕戦、センメリングでの第4戦、第5戦とGS3レースに出場しました。いずれも2本目に進むことができず、世界の壁の厚さを痛感する結果となりましたが、得ることの多いシーズンだったと振り返ります。現在のFISポイントランキングはGSで61位、スラローム101位。2006年のトリノ五輪以来、2大会連続で誰もオリンピックに出場していない日本女子チームですが、石川選手は、そんな日本復活の鍵を握る選手のひとりといえるでしょう。

July 28, 2017

若月隼汰(近畿大学)選手のショートインタビューです。
若月選手は、今後の活躍が期待される1998−1999年生まれ組の一角。今年から大学生となりました。
小柄ながらファイトあふれる滑りが特徴で、ジュニア世界選手権(オーレ/スウェーデン)のスラロームではU18のカテゴリーで2位に入賞しました。
ただ、本人も言うように全体での順位は27位とまだまだ。
3月に肩を負傷し、シーズン終盤はレースを欠場しましたが、次の冬に向けて新なスタートを切っています。

July 23, 2017

中学卒業後、単身オーストリアに渡り、現在はシュラドミングのスキー・アカデミーに留学中の加藤聖五選手のインタビューです。

July 21, 2017

去る7月15日、2017/18シーズンのアルペン・ナショナルチームの陣容がようやく発表になりました。実質的にはすでに新生ナショナルチームとしてスタートは切られていましたが、この日行なわれたSAJ理事会の承認をもって正式に決定されたわけです。


新しい強化指定選手は全部で16名(男子9名女子7名)。昨シーズンは22名が強化指定選手でしたが、今回さらに縮小されました。他の競技、ノルディックやフリースタイル、スノーボードと比べると、もっとも少ない人数。現在のアルペンチームの置かれた状況を象徴するような厳しいチーム編成となりました。

この表では...

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017