© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

January 1, 2020

第98全日本スキー選手権のアルペン競技は、予想を上回る盛り上がりで終了しました。
3年前から始まった年末の全日本選手権、その改革を強力に推し進めてきた全日本スキー連盟(SAJ)の皆川賢太郎競技本部長は、フェイスブックで次のように総括しています。

まず、現在の全日本選手権がどのような位置づけの試合なのかを理解するためにも、一読ください。

以下引用

12月開催に変え3回目となる『一発選考レース』
一番求めたのは『平等性』、わかりやすい権利付与や滑走順へのハンディをなくす事でした。

初年度は12月開催に対する抵抗感やW杯仕様の氷のコースに苦情だら...

August 12, 2019

現在発売中の『月刊スキーグラフィック9月号』の記事に関連して
コース・インスペクション中に撮影した写真だけでギャラリーを作ってみました。
誌面に掲載したカットを中心に、自分で気に入っているものも数点を加えて約3分間に編集してあります。
BGM入りなので、視聴の際はご注意ください。
できれば、音楽と合わせて見ていただければと思います。
なおSG誌の記事は、レース前のコース・インスペクションからスタート・バーを切るまでのことにテーマを絞って14ページ。
ワールドカップレーサーや全日本チームのメンバーに、それぞれのやり方や考え方を聞いてい...

December 19, 2017

パソコンがウンウン唸りだしたので、手短にレポートします。

12月18日、ドロミテ山塊のどまんなか、ポッツァ・ディ・ファッサで行なわれたヨーロッパカップ男子スラローム第4戦。1本目が2時、2本目5時半スタートというちょっと変則的なスケジュールでした。全体的にローカル感あふれる運営で、先週オーバーエッゲン(直線距離では約20km)で行なわれたヨーロッパカップに比べると、だいぶゆるい感じの大会という印象です。
ただし、レースそのものはレベルの高い厳しいものでした。オーバーエッゲンのメンバーに加えて、ステファノ・グロス(イタリア/ ヴァル・デ...

December 14, 2017

 ワールドカップは、昨日からヴァル・ガルディナ(イタリア)でダウンヒル第3戦のトレーニング・ランが始まりましたが、それはパスして、ヨーロッパカップの男子スラローム第3戦に行ってきました。会場はヴァル・ガルディナから車で約1時間のオーバーエッゲン。直線距離は近くても、いったん山を下りて、もういちど登り直さなければならないので面倒です。志賀高原から野沢温泉に行くような感覚でしょうか。
 オーバーエッゲンは巨大なスキー場が密集するドロミテのなかでは、比較的小さくて地味なスキー場ですが、毎年この時期に欠かさずヨーロッパカップを開催し続けてき...

November 4, 2017

 10月29日に行なわれるはずだった男子のGS第1戦は、残念ながら悪天候のため中止となりましたが、翌30日(月)は、完璧な晴天。ところが勢い込んで朝早くから山に上ったものの、いつまでたってもゴンドラが動きません。強風が雲をどこかに吹き飛ばしてくれたのはいいのですが、調子に乗ったのか、その風がいつまでもやまないのです。11時近くになってようやく運行開始。この日はフィッシャー、アトミックのそれぞれのデモチームのスキーテストを撮影させてもらいました。日が落ちるまでのわずかな時間で、ふたつのチームをそれぞれ違うシチュエーションで撮らねばなら...

February 12, 2017

湯浅直樹選手のランキング推移を5シーズン分調べて、グラフにしたもの。これはレースでの順位ではなく、スタート順決定のベースとなるWCSL(ワールドカップ・スターティングリスト)でのランキングです。 過去に1レースだけ第1シードに入った(2014年1月のアデルボーデン)ことのある湯浅選手ですが、このときの14位をピークにランキングは急降下。昨シーズンのキッツビュール終了時には47位にまで落ち込んでいました。 ところが今季第2戦で10位となるや、文字通りのV字回復。12月、1月の2カ月で一気に17位にまで上ってきました。若く伸び盛りの選手...

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

August 12, 2019