July 28, 2017

若月隼汰(近畿大学)選手のショートインタビューです。
若月選手は、今後の活躍が期待される1998−1999年生まれ組の一角。今年から大学生となりました。
小柄ながらファイトあふれる滑りが特徴で、ジュニア世界選手権(オーレ/スウェーデン)のスラロームではU18のカテゴリーで2位に入賞しました。
ただ、本人も言うように全体での順位は27位とまだまだ。
3月に肩を負傷し、シーズン終盤はレースを欠場しましたが、次の冬に向けて新なスタートを切っています。

February 22, 2017

今日から始まったアジア大会のアルペン競技。男子ジャイアント・スラロームで日本は金・銅のふたつのメダルを獲得しました。2位に韓国のキム・ヒョンテに割り込まれたもののアジア王者の名誉は守りました。 出場した日本選手は成田秀将(ミキハウス)、松本達希(早稲田大学)、小山陽平(双葉高校)、若月隼太(八海高校)の4人。当初は湯浅直樹(スポーツアルペンSC)が出場候補に上っていましたが、コンディションを考慮して不参加。かわりに若月がメンバーに加わりました。

February 12, 2017

湯浅直樹選手のランキング推移を5シーズン分調べて、グラフにしたもの。これはレースでの順位ではなく、スタート順決定のベースとなるWCSL(ワールドカップ・スターティングリスト)でのランキングです。 過去に1レースだけ第1シードに入った(2014年1月のアデルボーデン)ことのある湯浅選手ですが、このときの14位をピークにランキングは急降下。昨シーズンのキッツビュール終了時には47位にまで落ち込んでいました。 ところが今季第2戦で10位となるや、文字通りのV字回復。12月、1月の2カ月で一気に17位にまで上ってきました。若く伸び盛りの選手...

January 13, 2016

今日は、マルセル・ヒルシャーのトレーニングの撮影をしてきました。1月26日にナイトスラロームが行なわれるシュラドミングの近くにあるライターアルムというスキー場です。アトミックの本社からもわずかな距離で、ヒルシャーはここをトレーニングの拠点としています。
今日から3日間、ウェンゲンのスラロームを目前に控え、スキーとブーツのテストを兼ねたトレーニングを行ないます。そして、レース前日の土曜日までここで練習し、その後約700km離れたウェンゲンに移動。そんなギリギリまで練習していて間に合うのかと思いますが、移動にはヘリか飛行機を使ってひとっ...

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

August 12, 2019