王者ヒルシャーがまさかの調整遅れ!?

男子ジャイアント・スラローム第1戦をあと3日後に控え、王者マルセル・ヒルシャーがまさかの調整遅れの模様。彼自身が「今回は15位以内に入ることが難しいかもしれない」と信じられないような弱気な発言をしているとオーストリアの日刊紙『クローネン・ツァイトゥング』が報じました。

今季は前人未到のワールドカップ総合6連覇に挑むヒルシャー。誰もがその大記録の達成がなるかどうかに注目している中、ヒルシャーはさっぱり調子が上がらないようです。とくに故障があるわけではなく単なる調整遅れで、彼の専任コーチであるマイク・ピルヒャーも

「オーストリアチーム内のタイムレースでは、フィリップ・シェルクホッファーやクリスチャン・ノジックらにほとんど勝てない。いつもなら楽勝のはずなんだけど」と語ったということです。 これには、父親フェルディナンド・ヒルシャーもやきもきしている様子。チーム関係者によれば「昨年も、この時期はあまり調子が良くなかった」ということですが、現状はそれ以下のレベル。「こうなったら、もうジタバタしても仕方がない。いずれにしても日曜日は結果ができるのだから、そこでまた解決策を考えよう」と諦めとも楽観ともつかない心境のようです。 果たして男子ジャイアント・スラローム開幕戦のヒルシャーがどんなパフォーマンスを見せるのか、いつもとは別の意味で注目が集まりそうです。

#マルセルヒルシャー #ワールドカップ開幕戦

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright©2016 Yoshio Takusagawa/Replay Ski Racing
  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon