© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

リンジー・ヴォン、右腕骨折から驚異的スピードで回復中

December 3, 2016

現在女子のワールドカップはレイク・ルイーズ(カナダ)で高速系の2レースを開催中です。レイク・ルイーズといえば、リンジー・ヴォン(アメリカ)の独壇場で、彼女は過去にここで18回の優勝(ダウンヒル14勝、スーパーG4勝)と2位6回、3位1回とすさまじい強さを発揮しています。ところが今季は、2周間前に右腕を骨折したため、大好きなこのコースでのレースを欠場。それでも骨折1週間後には早くもダンベルを使ったトレーニングを始め、現在ではこのようにチューブで補助しながら懸垂まで行っているようです。

 

レースへの復帰は早ければ1月。インゲマル・ステンマルクが持つワールドカップ最多勝記録86まであと10勝に迫っているヴォン。今シーズン中に77勝目は達成できるのでしょうか?

https://www.instagram.com/p/BNcqy0IhccX/?taken-by=lindseyvonn 

 

 

さて、そのリンジー・ヴォンが不在のレイク・ルイーズ。昨日行なわれたダウンヒル第1戦は、予想外の展開となりました。優勝はイルカ・ストゥーヘッツ(スロヴェニア)、2位ソフィア・ゴッジャ、3位カイサ・クリン(スウェーデン)の順。大本命のララ・グート(スイス)は表彰台から押し出され4位でした。
 

優勝したイルカ・ストゥーヘッツはマリボール生まれの26歳。ジュニア世界選手権のダウンヒルとスラロームで優勝した経験を持っていますが、ワールドカップ・レベルではそれほど注目される存在ではありませんでした。この日のレース前の段階ではランキング22位。彼女にとって初の表彰台がいきなり優勝という、本人もびっくりの快挙です。

 

 

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

August 12, 2019

Please reload

アーカイブ