男子GS第7戦 ヒルシャーが逆転で今季4勝目

ドイツのガルミッシュ・パルテンキルヘンで行なわれていた第64回カンダハー大会。最終日はワールドカップ男子ジャイアント・スラローム第7戦でした。 1本目僅差の2位につけていたマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が爆発的な2本目でアレクシー・パントュロー(フランス)を逆転。今季のワールドカップ4勝目をあげました。通算では43勝目、GSでの勝利は20回目となります。 2位はマッツ・オルソン(スウェーデン)が入り、ワールドカップ初の表彰台。3位は地元ドイツのシュテファン・ルイツでした。

2本目のスーパーランで逆転優勝のマルセル・ヒルシャー

以下、入賞者の談話です。 優勝:マルセル・ヒルシャー(オーストリア) ーー 素晴らしい滑りだった。 2本とも良かったけど、とくに2本目は自分でも会心の滑りだった。ガルミッシュ・パルテンキルヘンのGSはいつも体力的にきつい。急斜面は技術的にも難しく、シーズンのなかでもタフなレースのひとつだ。100点とれたし、GSでの20勝目になるので、特別な気分だ。 ーー 今後の予定は? 明後日のストックホルムのパラレルスラロームが楽しみだ。パラレルSLなので、いつもと違うショー的な要素のレースとなるだろうが、楽しみながら戦いたい。そしてサン・モリッツ世界選手権に向けて着実に準備をしていきたい。 ーー サン・モリッツではスーパーGにも出るのか? まだわからない。オーストリアにはたくさん強い選手がいるので、チケットを取るのが大変なんだ。世界選手権ではアルペン・コンバインドやチームイベントもあるけれど、出られる範囲で出ていきたいと思う。 いずれにしても、雪があまりアグレッシブにならないでほしい。そしてすばらしい大会になることを願っている。


2位に入ったマッツ・オルソンは初のワールドカップ表彰台

2位:マッツ・オルソン(スウェーデン) ーー レースを振り返って 1本目も2本目も最高の滑りだった。とくに1本目はゴールして3位という表示を見て自分でびっくりした。2本目はコースが少しバンピーでしかも暗かったので、さらにタフなレースだった。ゴールしてグリーンライトだったので、信じられない思いだった。とにかくとてもハッピーだ。 ーー コースについて 今シーズンのGSはどこも良いコンディションで行われているが、今日もコースには問題は無かった。ただ難しかったのは、区間によって少しずつ雪質が変わっていて、それに滑りを合わせるのに苦労した。コース前半はグリップの良く効く雪で中盤以降はアイスバーン。ターンによって軟らかい部分と硬い部分があって、そこが難しい点だった。 注オルソンは28歳のGSスペシャリスト。スウェーデンのオルソンといえば、フリースキー界のスーパースターでレッドブル・ライダーでもあるヨン・オルソンが有名。最近では“douchebags”の創始者としても知られています。ヨン自身も、もともとはアルペンレーサー。一時期はワールドカップで戦っていたことがあり、弟のハンス・オルソンはダウンヒラーとしてワールドカップでの入賞歴もあります。そんな関係でマッツ・オルソンもオルソン兄弟かと間違われることが多いのですが、血縁関係はないようです。


地元ガルミッシュ・パルテンキルヘン出身のフェリックス・ノイロイターは6位にとどまった。

3位に入ったュテファン・ルイツ

取材協力:内田雪

公式リザルト




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square