© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

ユニバーシアード女子GSで安藤麻が優勝

February 4, 2017

アルマトイ(カザフスタン)で開催中の冬季ユニバーシアード大会。ユニバーシアードとは、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する大学生を対象にした国際総合競技大会で、2年おきに開催されます。

その、いわば“大学生のオリンピック”の女子ジャイアント・スラロームで、安藤麻(東洋大)が優勝しました。これまでスーパーGで銅メダルを獲得し、アルペン・コンバインドでも4位と好調だった安藤。今大会ふたつめのメダルは金色で、しかもFISポイント6点という嬉しいボーナスもつきました。
 

1本目を0秒68差の2位で折り返した安藤は、2本目で鮮やかな逆転。2本目でミスが目立った2位デシリー・アイレック(スロヴェニア)に1秒13の大差をつける圧勝でした。
映像で見る限り、コースは中・緩斜面中心でそれほど難しそうな印象は受けませんが、スタート地点の標高が高く、しかも1本目は1分15秒もかかるロングコース。体力的にかなりきつかったのではないでしょうか。
実力的に見れば、出場選手のなかに強敵はそれほどおらず、安藤の順当な勝利ともいえますが、勝つべきレースできっちり勝つのはけっして簡単なことではありません。冷静な試合運びと高い集中力でつかんだ勝利といえるでしょう。

今月半ばには、サン・モリッツ世界選手権が控えています。彼女にとって初のビッグイベントですが、良いイメージをもって臨めるでしょう。2月6日にはユニバーシアードのスラロームが残っていますが、こちらも彼女の得意種目。こうなったら、もうひとつ金メダルを取ってサン・モリッツに乗り込んでほしいものです。

 

安藤麻(東洋大) 写真はフラッハウのワールドカップ女子スラローム第7戦で撮影(Photo:Yuki Uchida)

 

 

公式リザルト

Please reload

特集記事

ヴァル・ディゼールGSはパントュローが2連勝

December 9, 2017

1/1
Please reload

最新記事

August 12, 2019

Please reload

アーカイブ