湯浅直樹のランキング推移

久々にのんびりできた日曜日。たまった仕事を片付け(片付けきれなかったけれど…)、こんな表も作ってみました。 湯浅直樹選手のランキング推移を5シーズン分調べて、グラフにしたもの。これはレースでの順位ではなく、スタート順決定のベースとなるWCSL(ワールドカップ・スターティングリスト)でのランキングです。 過去に1レースだけ第1シードに入った(2014年1月のアデルボーデン)ことのある湯浅選手ですが、このときの14位をピークにランキングは急降下。昨シーズンのキッツビュール終了時には47位にまで落ち込んでいました。 ところが今季第2戦で10位となるや、文字通りのV字回復。12月、1月の2カ月で一気に17位にまで上ってきました。若く伸び盛りの選手なら、まれにこういう急上昇もありますが、彼は今度の4月で34歳となるベテラン・スラローマー。そう考えると、この反転攻勢がどれほどすごいことなのか感動を覚えるほどの復活劇といえるでしょう。


次のレースは、2月19日に行なわれる世界選手権のスラローム。上位に入賞すれば、第1シード復帰の可能も大いにあります。他の選手の成績との兼ね合いもあるので確かなことは言えませんが、10位台の順位をとれば、おそらく復帰できることでしょう。期待しましょう!

#湯浅直樹 #Slalom #FISアルペンスキーワールドカップ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square